ボイスレコーダーでバレないように録音して浮気調査をする方法

IC recorderで録音して浮気調査

ボイスレコーダーはどこの家電量販店やネットでも気軽に買えますが、

  • ボイスレコーダーに録音された内容は浮気の証拠になるのか?
  • バレないようにするにはボイスレコーダーをどこに仕掛けたらいいのか?
  • ボイスレコーダーで浮気調査をする事は違法ではないのか?

など、疑問がいっぱいあると思います。

調査員 ひかり

そこで今回は、ボイスレコーダーを使った浮気調査について、やり方や注意点など詳しく解説していきます。
注意

録音した音声やLINE・メールなどのやり取り・GPSの情報は浮気の証拠になりません

慰謝料請求・損害賠償請求をする場合には法的に力のある浮気の証拠が必須です。

裁判でも認められる確実な浮気の証拠が欲しい時は、探偵社に調査を依頼する事をオススメします。

失敗しない探偵社の選び方

即日調査が可能な探偵社【即日調査可能】浮気調査で実績のある大手探偵事務所おすすめランキング 料金の安さで選ぶ探偵社【料金の安さで選ぶ】格安費用で浮気調査を頼める探偵事務所はどこ?

見たい場所へジャンプ

ボイスレコーダーで録音された音声は浮気の証拠になる?

そもそもの話ですが、ボイスレコーダーで録音された音声は浮気の証拠になるのか?

調査員 ひかり

ここからは、どのような内容であれば浮気の証拠になるのか、会話の内容についても詳しく解説していきます。

ボイスレコーダーで録音された音声は浮気の証拠になる

対象者と不貞行為をしているであろう相手との会話などを録音したボイスレコーダーの音声は、十分裁判で浮気の証拠として認められるものと言えます。

ボイスレコーダーは浮気調査のプロである探偵も使う事があります。

またボイスレコーダーはGPS発信機などに比べると費用が安いので素人の浮気調査で最も使われる道具と言っても過言ではありません。

しかしボイスレコーダーを使った浮気調査で注意しなければならないことはたくさんありますし、録音された音声の内容によっては浮気の証拠として裁判で認められない可能性だってあります。

【注意】浮気の証拠にならない音声

注意
ボイスレコーダーで録音された音声は、対象者と不貞行為を行なっているであろう相手との肉体関係の事実がはっきりわかる内容でないと浮気の証拠にはなりません。

例えば「好き」、「会いたい」という会話や待ち合わせなどのやりとりなどは、密会していることや不貞行為を匂わせるものではあります。

ですが「好き」、「会いたい」という会話は一時的に気持ちが高ぶっただけなど、簡単に言い訳もできます。

待ち合わせなどの会話も「相談に乗っていた」、「仕事の打ち合わせ」などの言い訳が簡単にできてしまいます。

「熱い夜だったね」などの間接的な表現も浮気の証拠としては認められず、あくまで第三者など誰が聞いても肉体関係があったと推認できる「肉体関係があった事実がはっきり分かる直接的な表現がある音声」でないと浮気の証拠として認められないので注意してください。

ボイスレコーダーで録音(盗聴)をする事は違法?

調査員 優作

次に浮気調査でボイスレコーダーを使って録音、盗聴するという行為自体は違法ではないのか?という点についてです。

この辺りについて分かりやすく解説していきます。

ボイスレコーダーで録音すること自体は違法ではない

結論から言うと、ボイスレコーダーで録音、盗聴をして浮気調査を行うこと自体は違法ではありません。

実際に浮気における裁判で、録音、盗聴された音声が浮気の証拠として認められたという判例もかなり多くあります。

ですがボイスレコーダーで録音・盗聴をする上で、状況によっては違法となってしまう可能性もあります。

ボイスレコーダーで録音する場所によっては違法になる

厳密に言うと浮気調査でボイスレコーダーを使って録音する場合、自分の自宅や持ち物に仕込まないと違法になってしまいます。

それは例え配偶者の持ち物であっても、自分以外の持ち物にボイスレコーダーを仕込むと違法という事です。

例・・・対象者の鞄にボイスレコーダーを入れて音声を録音しようとした

調査員 優作

これは違法です!!

調査員 ひかり

なので、そういったことを踏まえると浮気調査でボイスレコーダーを使う場所には注意しなければいけません。

ボイスレコーダーでの録音が違法となるのは前後の行動が関係している

浮気調査でボイスレコーダーを使って録音する場合、この「録音、盗聴するという行為」ではなく、「録音、またはボイスレコーダーを仕掛ける前後の行動」が違法となり、録音した音声自体が違法に収集したものとされるケースが多いのです。

例えば暴力や脅迫的な発言をして自白させた場合は傷害罪、脅迫罪にあたります。

拉致、監禁して相手の自由を奪い自白させた場合は逮捕・監禁罪にあたります。

また不貞行為をしているであろう相手の自宅や敷地内に入ってボイスレコーダーを仕掛ける行為は住居侵入罪にあたり、例え自宅であっても電話機に盗聴機を仕掛けると有線電気通信法、電気事業通信法に反する違法行為となります。

ボイスレコーダーで浮気調査をする際は絶対にバレてはいけない

ボイスレコーダーを使って浮気調査をする場合、絶対にバレてはいけません。

調査員 優作

なぜバレてはいけないのか、もしバレてしまった場合、どのようなリスクが待ち受けているのか詳しく解説していきます。

バレてしまったら警戒されてしまう

ボイスレコーダーを使って浮気調査をするのであれば、当然ですが絶対に対象者や不貞行為をしているであろう相手にバレてはいけません。

注意
基本的にボイスレコーダーを使った浮気調査はボイスレコーダー自体を仕掛けるため、非常にバレるリスクも高いのです。

もしボイスレコーダーを使って浮気調査をしていることがバレてしまえば、当然ですが警戒されてしまいます。

調査員 ひかり

対象者と不貞行為を行なっているであろう相手が会うのを控えたり、より巧妙な手口を使ってきたりと、以降の浮気調査が非常に困難になるのは言うまでもありません。

それだけでなく通話履歴やLINEのやりとりなどの証拠を隠滅されてしまったり、浮気関係自体を解消されてしまったりといったことも考えられます。

仮に浮気をしていなかった場合パートナーとの関係が壊れる

ボイスレコーダーを使った浮気調査は、ボイスレコーダー自体を気軽に安価で手に入れることができますし、実際に肉声での会話なども録音することができます。

そういった理由から、「もしかしたら浮気しているかも?」という少し疑いがある段階からボイスレコーダーを仕掛けて自分で浮気調査をしてしまう人もいます。

自分でボイスレコーダーを仕掛けて浮気調査をして、対象者に浮気調査をしたことがバレず、浮気をしてなかったことが判明し納得できればいいですよね。

ですがボイスレコーダーを仕掛けて浮気調査をしたことがバレてしまい、仮に対象者が浮気をしていなかったら最悪です。

浮気調査をしたことにより、パートナーとの関係が修復不可能なほど壊れてしまうということもよくあることです。

また浮気調査をしたことがバレずに浮気をしてなかったことが判明した場合も、クセになってしまい事あるごとにボイスレコーダーを仕掛け、最終的にバレてしまうといったケースもあります。

バレるリスクを避けたければ探偵に依頼する事がベスト

ボイスレコーダーを仕掛けるというのは、「実際にボイスレコーダーを自宅や車に設置する」ということなので、非常にバレやすいと言えます。

また「ボイスレコーダーを使った浮気調査が対象者にバレる」ということは、「以降の浮気調査が著しく困難になる」、「パートナーとの関係が壊れる」というあまりにも大きすぎるリスクがあります。

調査員 優作

浮気調査におけるプロである探偵でも非常に気を使う部分であるボイスレコーダーでの録音は、素人でバレずに行うのは至難の業なので、リスクを避けるために探偵に依頼することがベストと言えます。
即日調査が可能な探偵社【即日調査可能】浮気調査で実績のある大手探偵事務所おすすめランキング

浮気調査の為にボイスレコーダーはどこに仕掛ける?

ボイスレコーダーを使って浮気調査をする場合、どこに仕掛けるのがいいのか。

調査員 ひかり

どの場所にどのように仕掛けたらいいのか、より実践的なテクニックも交えて解説していきます。

車内でボイスレコーダーを使って録音

ボイスレコーダーを仕掛ける場所として、最も多いのが車の中です。

車の中というのは密室空間であり、対象者が不貞行為をしているであろう相手との移動や密会に使う可能性が高いからです。

また気軽に2人きりになれる場所でもあるため、対象者と不貞行為をしているであろう相手の肉体関係を推認できる直接的な会話を録音できる可能性もあります。

さらに車内で不貞行為を行なっていた場合、不貞行為を行なっている音、会話も録音できることも十分に考えられます。

車にボイスレコーダーを仕掛けるベストな場所を探す上で、「運転席に座って視界に入らない場所」、「運転席から離れすぎていない」というのが大事なポイントとなります。

まず「運転席に座って視界に入らない場所」は、当然対象者の視界の中にあるということは目に止まったり、バレてしまう可能性が必然的に上がってしまいます。

定番となっているダッシュボードの中やサイドポケットなどは避け、運転席や助手席の下に仕掛けるのがベストと言えます。

次の「運転席から離れすぎていない」ということですが、ボイスレコーダーを仕掛ける目的は「対象者と不貞行為を行なっているであろう相手との会話を鮮明に録音すること」です。

ですがボイスレコーダーを仕掛けていることがバレることを恐れ、運転席からかなり離れた場所に仕掛け、結局は鮮明な音声を録音できていなかったというケースも多くあります。

また車にボイスレコーダーを仕掛ける際は、車内はエンジン音などの騒音も多いので、必ずマイクの向きは意識し、会話が行われるであろう場所にマイクを向けるようにしてください。

さらに車は振動も多いので、ボイスレコーダーが落ちたり向きが変わらないようにテープなどで固定するようにしてください。

自宅

自宅内でボイスレコーダーを使って録音

自宅にボイスレコーダーを仕掛けるメリットは、とにかく仕掛ける場所の候補が多いことです。

パートナーの留守中に浮気相手を連れ込むという場合もあるため、そういった場合には会話や不貞行為の音を録音できる可能性があります。

また例え浮気相手を連れ込んでいなかったとしても、電話で通話している音声を録音できる可能性があるわけです。

仕掛ける場所の候補のある自宅ですが、不貞行為を行うであろう寝室、団欒や会話、または電話での通話をするであろうリビングが、ボイスレコーダーを仕掛けるベストな場所と言えます。

ですが自宅は対象者も毎日過ごす場所ということもあり、ちょっとした違和感や掃除などでバレてしまうリスクがあります。

そういったリスクを回避するために、ペン型やUSB型などの自宅に置いてあっても自然で、カモフラージュできるものを使うのがベストです。

浮気調査ができるボイスレコーダーを選ぶ時のポイント

浮気調査をするためにボイスレコーダーを購入しようと思っても、色んなメーカーから様々なボイスレコーダーが発売されているため、正直どれを買ったらいいか迷ってしまいます。

調査員 ひかり

浮気調査に使うボイスレコーダーはどのようなポイントで選べばいいのか、詳しく解説していきます。

音質(マイクの性能)

浮気調査で録音する場合ももちろんですが、ボイスレコーダーは「音声を録音するもの」です。

より音声を鮮明に録音できるものでないと、いざ録音に成功したとしても「浮気の証拠として認められない可能性もある」のです。

また車内の場合は特にエンジンなどの振動音や音楽に邪魔されてしまう可能性があるため、浮気調査で使うボイスレコーダーは音質、マイクの性能が大事となってきます。

録音容量

ボイスレコーダーを仕掛けて決定的な浮気の証拠となる音声を掴むには、とにかく「たくさん録ること」が重要となってきます。

「ボイスレコーダーの容量オーバーで大事な会話を録音できていなかった」というのは、絶対に避けなければいけません。

録音する音質を選べるボイスレコーダーの場合、音質によって録音容量が変わってきます。

基本的に浮気調査でボイスレコーダーを使う場合、使うボイスレコーダーの最も良い音質で録音します。

必ず使うボイスレコーダーの「最も良い音質でどれくらいの容量を録音できるか」ということは把握しておく必要があります。

録音可能時間

録音可能時間も浮気調査で使うボイスレコーダーを選ぶ上で重要なってきます。

録音容量と同様に、連続して録音可能な時間も把握しておく必要があります。

対象者が外泊、出張などと言って出かける際に仕掛ける場合、最低でも2日、3日、時間にして48時間、72時間は連続で録音することとなります。

最も良い音質でどれだけ連続して録音が可能かは、録音容量と合わせて確認してください。

バッテリー駆動時間

どれだけ長い時間連続して録音できたとしても、途中でバッテリーが切れてしまえば当然意味がありません。

ボイスレコーダーを仕掛けて途中でバッテリーを交換したり充電するのは物理的に不可能に近いですし、できたとしてもバレるリスクが高くなります。

「連続して録音可能な時間=バッテリー駆動時間ではない」ではないので、フル充電、新品の電池で何時間駆動するかは別で確認する必要があります。

タイマー録音

基本的にボイスレコーダーを仕掛ける場合、録音の状態に仕掛ける必要があります。

ということは、ボイスレコーダーを仕掛けてから対象者が車を使ったり自宅で不貞行為を行なっているであろう相手と会話、通話をするまでの無駄な遊びの時間ができてしまいます。

もちろんこの遊びの時間も録音容量や録音可能時間、バッテリーを消耗してしまいます。

ですが録音を開始する時間をタイマーで設定できる機能の付いたボイスレコーダーであれば、この遊びの時間を削り、無駄なく録音することができます。

音声自動録音機能

音声自動録音機能とは、物音や音声に自動で反応して録音する機能のことです。

この音声自動録音機能を使えば、「音声や音がした時のみ録音」することができ、より効率的にボイスレコーダーで浮気調査ができます。

録音容量や録音可能時間、バッテリー駆動時間を気にしなくていいだけでなく、音がある時のみ録音するので聞き返して確認するときも便利なのです。

サイズと重量

ボイスレコーダーを使った浮気調査をする場合、当然ではありますが対象者にボイスレコーダーを仕掛けたことにバレないようにしないといけません。

ということを踏まえ、浮気調査で使うボイスレコーダーのサイズは小さければ小さいほどいいと言えます。

また重量に関しても、ボイスレコーダーを仕掛ける際にテープで貼り付けたりするため、軽ければ軽いほどいいと言えます。

デザイン

ボイスレコーダーは浮気調査以外で、取材やインタビュー、会議などのビジネスと、さまざまなシチュエーションで使われます。

中にはおしゃれなデザインのボイスレコーダーも多いですが、仕掛けた時にバレにくい「シンプルなもの」を選ぶのが鉄則です。

また部屋の家具、景色などにも馴染んでカモフラージュできるペン型やUSB型などのデザインのボイスレコーダーもあります。

ボイスレコーダーを選ぶ時の3つの注意点

ボイスレコーダーを使った浮気調査で失敗しないために、ボイスレコーダーを選ぶ時のポイントと合わせて避けるべき注意点も知っておく必要があります。

調査員 ひかり

浮気調査で使うボイスレコーダーを選ぶ時の3つの注意点を解説していきます。

安すぎるボイスレコーダーは避ける

ボイスレコーダーと言っても値段はピンキリで、かなり安価なボイスレコーダーもあります。

自分でボイスレコーダーを使って浮気調査をする場合、やはり「少しでも安い方がいい」という理由から安すぎるボイスレコーダーを買ってしまいがちです。

ですが安すぎるボイスレコーダーは音質が悪かったり、耐久性に問題があったりするので、せっかくボイスレコーダーを仕掛けても録音できていなかったり、すぐに壊れてしまったりします。

浮気調査で使うボイスレコーダーは、絶対に安すぎるものは避けてください。

聞いた事のない名前のメーカーは避ける

安すぎる価格のものと同様に、聞いたことのない名前のメーカーのボイスレコーダーも必ず避けるようにしてください。

聞いたことのない名前のメーカーのボイスレコーダーも音質が悪かったり、耐久性に問題がある可能性があります。

超小型・薄型の場合は機能が悪い可能性あり

ボイスレコーダーを使った浮気調査で最も避けたいのは、やはり「ボイスレコーダーを仕掛けたことがバレること」です。

そういったこともあり、浮気調査で使うボイスレコーダーは仕掛けたことがバレにくい「薄くて小さいもの」を選ぶのがベストと言えます。

市販されているボイスレコーダーの中にも超小型、超薄型のものもありますが、超小型、超薄型のボイスレコーダーの場合、確かに仕掛けやすくバレるリスクも低くなりますが、その代わり機能が悪い可能性があります。

「超小型、超薄型」という言葉だけでボイスレコーダーを選ばないようにしてください。

バレないで録音したい人にオススメのボイスレコーダー

実際に浮気調査で使われているボイスレコーダーにはどのようなものがあるのでしょうか。

調査員 ひかり

ここでバレないで録音したい人にオススメのボイスレコーダーを紹介していきます。

OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek VP-15

ビジネスシーンを想定したボイスレコーダーとして、ビジネスマンの間で人気の高く、価格も7,000円ほどと求めやすくなっています。

容量は4GB、連続使用可能時間は1620時間です。

スティックタイプでペンケースに入る大きさながら、広範囲の音をとらえる全指向性ステレオマイク、録音レベルを自動調節するボイスチェイサー、セルフタイマーなどの機能を搭載しています。

OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek DM-750

高音質録音できる3マイクシステムであるTRESMICを搭載した、ハイスペックなボイスレコーダーです。

容量は4GB、連続使用可能時間は52時間です。

価格は10,000円ほどで、周囲のノイズを抑えて音声のみをクリアに録音することのできる2マイクノイズキャンセルも搭載しており、騒音が多い車内でも安心して使用することができます。

OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek V-863

シンプルな操作性と高音質でありながら、価格も5,000円ほどとハイスペックなボイスレコーダーの中でも安価な価格帯が大きな魅力です。

容量は4GB、連続使用可能時間は110時間です。

より会話をクリアに録音することのできるローノイズ指向性マイク2個、録音レベルを自動調節するボイスチェイサーを搭載しており、またmicroSDにも対応しています。

BESETO 仕掛け録音ボイスレコーダー MR-1000

音声を感知して自動で録音、停止するSVOS音声監視モードを搭載し、SVOS音声監視モード時の録音待機時間110日、2640時間という驚異的なスペックを持つ、仕掛け録音に特化したボイスレコーダーです。

容量は4GB、価格は15,000円前後です。

突出している録音時間もさることながら、自動感度調整により距離の離れた場所の会話もクリアに録音することができます。

BESETOペン型ボイスレコーダー VR-P005N

業界初のペン型のボイスレコーダーとして大きな話題となりましたが、従来のボイスレコーダーに負けないハイスペックさを持ち合わせています。

容量は4GB、価格は13,000円ほどです。

音声を感知して自動で録音、停止する音声監視モードを搭載しており、音声監視モード時の最長待機時間は30日とかなり長くなっています。

ペン型でありながら内蔵バッテリーは2時間の充電で連続19時間録音、もちろん芯を入れることでシャーペンとして使うことができます。

ソニーICD-PX470F

シンプルでありながら、操作性と音質に優れたボイスレコーダーです。

ノイズを軽減するクリアボイス、環境によって録音設定できるシーンセレクトなどの録音機能はもちろん、書き起こし用再生や速度調整などの再生機能も豊富に搭載されています。

容量は4GB、価格は7,000円前後です。

ソニーICD-TX800

縦・横サイズ約38mm、本体重さ約22gの小型、薄型サイズでありながら、多機能、高音質なさも兼ね備えるボイスレコーダーです。

魅力は何と言っても付属のリモコンによるワイヤレスでの遠隔操作が可能で、またスマホアプリで連動して操作できる操作性の高さです、

もちろんノイズカットや環境によって録音設定できるシーンセレクトも搭載しており、録音に関する機能も充実しています。

容量は16000 MBで、価格は20,000円前後です。

浮気調査としてボイスレコーダーを仕掛ける前に動作テストをしておこう

浮気調査に置いてボイスレコーダーは最も気軽に、かつ裁判を優位に進めることのできる証拠を掴むために欠かせないものです。

ですが仕掛けるにはリスクもありますし、実際に会話を録音できたとしても、音質や騒音、雑音などの内容によっては浮気の証拠とならない可能性も出てきます。

浮気調査でボイスレコーダーを仕掛けるのであればボイスレコーダー自体の性能はもちろん、仕掛ける場所などにも気を配り、仕掛ける前の動作テストも忘れないようにしてください。

当サイトからの申込数ランキング

  • 原一探偵事務所

    原一探偵事務所は創業からの解決実績110,000件以上。確かな調査実績とサービスから浮気調査で最も信頼できる探偵事務所と言えます。

    評価
    即日調査
    対応エリア全国

  • AMUSE(アムス)

    AMUSEの年間相談実績7000件以上。調査の結果浮気の証拠が掴めなかった場合費用は一切かからないというのが最大の特徴です。

    評価
    即日調査
    対応エリア全国

  • 総合探偵社TS

    年間相談実績1000件以上の総合探偵社TSは離婚・復縁に強い探偵社。弁護士との連携&夫婦カウンセラーが在籍しているので、調査後も無料で「その後」の相談が可能となっています。

    評価
    即日調査
    対応エリア全国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\探偵が教える!!/
\探偵が教える!!/